いつか、きっと。

彼との想い出。

雪と優しさと先輩

わたしの大好きな彼である先輩は、


本当に、愛情表現は一切言いません。

聞いたとしても、「うん」すら言ってくれません。



付き合った当初は、それはもう、何度も何度もいつも言ってくれてました。

その一方、わたしは、先輩に「すき」とか言っていませんでした。




★「ゆんちゃん大好き。ゆんちゃんは?」


☆「うん」


★「好きって、言ってよ」


☆「すき」


★「なにが?」


☆「いちご」(クスクス笑いながら)


★「もぉ、言ってよ;;;;」



↑これは、随分前のわたしの日記の『スイカすき』ブログの逆バージョンですよね。


懐かしすぎます。




最近では、わたしへの愛情表現はもちろん、

手作りごはんも、褒めてくれなくなりました;;;;


この前、おでんを作って持っていったときのこと。


☆「おいしい?」


★「うん」


☆「何がおいしい?」


★「からし(o ̄∇ ̄o)♪」


☆「えーーーーー。」



という感じで、とにかく会ってる時は意地悪全開です。



そんなこと言いつつも、

おでんを食べた日の夜は


★おいしかったよ。


って、LINEでメッセが届きました。


LINEでは優しいのになぁ。。



そして、つい先日、大喧嘩しました。

久しぶりのバトルでした。

きっと、付き合ってる皆さんがたは、

わたしたちのように激しいバトルはしないと思います。

内容は、酷すぎてここには書けません;;;;


一応、その日のうちに仲直りはしたものの、なんとなく素っ気ない先輩とのLINEのやり取りでした。



さみしい週末。。。



そして、今朝。

起きて外を見ると雪が積もってる;;;;




先輩とわたしの職場は、方角が真逆の場所にあります。

だけど、今日はわたしが出張の日で、そのことは先週から話していました。

出張先は、先輩の職場方面でした。



運転が下手なわたし。

車で行くの大丈夫かなぁって不安になり先輩にLINE。



☆おはよう。雪が降ってる。運転大丈夫かな。


★降ってるね。準備だけしといて。

(ん?一緒に行くってことかな。)


☆わかった。



先輩が先に家を出たようで電話がかかってきました。



★多分道路大丈夫だから、ゆっくり運転して来て。


☆うん。


★途中の〇〇で待ってるから



それから合流して、連なって行きました。先輩が前、わたしが後ろ。


いつもより速度落として、ゆっくり走行。

雪もそこまでひどくなく大丈夫かなぁって思ってました。



途中まで一緒に連なって行けるのですが

途中からは先輩の職場とわたしの出張先は

逆方向に分かれて行きます。

分かれ道に来た時、

(もう、雪は一切なかったのですが)


先輩の車がわたしの出張先の方へ曲がってくれました。



☆え?もしかして、来てくれるん?(わたしの出張先まで)

時間大丈夫なの?


★うん。

多分、もう道大丈夫と思うけど、念のためね。


☆ありがとう。


★いいよ。



そう言って、先輩はわたしの出張先まで、

ずっとわたしの前を走ってくれました。


20分くらいロスしたと思います。





普段、全く「好き」って言ってくれないけれど、


もう、そんなのいいやって思いました。

もうじゅうぶんすぎるくらいだなって。




大好きな先輩。


言葉はなくても、わたしのことを大切に思ってくれてること。


100回の「大好き」よりも幸せに感じた朝でした。

(きっと、付き合った当初たくさん言ってくれたから、

100回は超えてるはず♡)



言葉がなくて、すぐに不安になったりしてたわたしですが、


いい加減、今日の出来事は



先輩、絶対わたしのこと大好きだよね♡

(自惚れじゃないよね?)



って感じたのて、忘れずにここに残しておこうと思います。



いつも、読んでくださりありがとうございます(*^^*)